とことん、ビジョンへ。 TOKON

歯科衛生士復職支援プロジェクト「リ・ワークDH」サービススタートのお知らせ
2017年6月15日 マーケティング

株式会社トーコンマーケティング(本社:東京都中央区代表取締役:荻谷淳)は、一般社団法人人材教育支援機構(本社:東京都中央区 代表理事理事長 塚田正利)と共同で、プロジェクトパートナーとし、2017年6月1日(木)に、歯科衛生士復職支援プロジェクト「リ・ワークDH」のサービスを開始致しました。


サイトURL
https://rework-dh.jp/


■歯科衛生士復職支援プロジェクト「リ・ワークDH」サービスリリースの背景・概要

歯科衛生士有資格者は25万人いる中で、実稼動者はその4割程度、一方の6割の方の60%以上の方々は研修等の機会があれば復職を希望されています。(日本歯科衛生士会「平成27年 歯科衛生士の勤務実態調査報告書」より内容抜粋)
歯科衛生士職復職支援プロジェクト「リ・ワークDH」は、そのような復職を希望されている歯科衛生士の皆さまを対象とした復職支援プログラムとなります。
本プロジェクトは復職に必要不可欠な「研修」「就職紹介」「受け入れ態勢の整った賛同歯科医院」という3つの要素を集結し、復職者が意欲的に歯科医院での復職にチャレンジできる環境を整えた、総合復職支援プログラムとなっています。


■「リ・ワークDH」3つのポイント
・研修:講師はすべて現役の歯科衛生士。今の最新の歯科治療に必要なスキルとスタンス形成を機軸に、現職当時以上に高められるようカリキュラムに沿ってトレーニング実施。就職決定後の入職後研修も実施し、無理ない復帰を完全サポート致します。
・就職紹介:歯科業界に専門特化したリクルーティングコーディネーターによる就活サポート。
・賛同歯科医院:復職に当たって、復職者の受け入れ態勢が整った歯科医院のみをご紹介。働く環境面を最重要視し、長く安心して働ける職場づくりを歯科医院と共に目指します。


■研修概要 ※カリキュラム一例
初診からメンテまでの流れを体験できる実践研修を基本としています(4時間を2回 計8時間)
≪現在の歯科業界と歯科衛生士の働き方をみつめる≫
・歯周病についての理解
・歯周精密検査
・数値やデンタルの見方と治療計画の立て方
・ TBI
・縁上歯石除去
・縁下歯石除去
・ルートプレーニング
・シャープニング
・ PMTC
・超音波スケーラー、エアフローについて

■受講から入職後までの流れ
当サービスサイトにて、復職希望者がユーザー登録→研修実施→修了証(ディプロマ)の発行→入職先のご紹介→賛同歯科医院への入職→入職後研修の実施(20時間)
※研修受講費:10,800円(税込)受講料は入職先の復職賛同歯科にて負担いただけますので実質無料となります。入職後の研修(20時間)についても、復職者においての費用負担は一切ありません。

■今後のサービス展開について
本プロジェクトを通じ、潜在歯科衛生士の掘り起こし、教育研修支援を行うことで、まずは開始1年で、200名の復職支援を実施計画しております。また最終的には潜在衛生士における復職意欲のある方、9万人のうちの10%、9,000人の復職支援を行うことを中長期目標とし、歯科業界における歯科衛生士不足の現状を変えていくことで、業界発展に寄与して行きたいと考えております。

このエントリーをはてなブックマークに追加