とことん、ビジョンへ。 TOKON

NPO法人日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約を締結いたしました
2019年2月20日 グループ
株式会社トーコン ホールディングスはこの度、NPO 法人日本ブラインドサッカー協会
(以下 JBFA)とパートナーシップ契約を締結しました。

トーコンはブラインドサッカー男子日本代表スポンサーとして同活動の支援と
JBFA のダイバーシティ啓発プログラムである OFF T!ME 事業のサポートを行います。

JBFAは「障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ、
2024年に世界一であること、2020年東京パラリンピックでのメダル獲得を目指して
強化活動を行うほか、ブラインドサッカーを活用した子ども向け出張授業や企業研修などを
通じてダイバーシティ啓発活動を行っています。

トーコンは、日本の少子高齢化による労働力人口の減少を背景に、様々な背景や多様な
価値観を抱えた方々の雇用について「採用だけでなく多様な人材がいきいきと活躍する組織」を
目指した支援を実現すべく、JBFAとのパートナーシップを決定しました。
「多様な人材が活躍できる組織作り」の支援のため、今後JBFA が運営するブラインドサッカーを
活用した企業研修プログラムを共同で運用していくなど、ダイバーシティ実現の推進に力を入れて
いきます。

今後、両者が力を合わせ、連携することで、それぞれの事業を一層推進してまいります。

●NPO 法人日本ブラインドサッカー 理事長 塩嶋史郎のコメント
現在、障がい者スポーツは大きなうねりの中にあります。「ブラインドサッカー男子日本代表」も海外遠征や
国内合宿、国際試合など強化の機会も増え着実に進化しています。一方、JBFA は、競技だけでなく、混ざり
合う社会の実現に向けて心のバリアや意識のイノベーションのため、「OFF T!ME」による啓発活動を行ってい
ます。 この度、トーコン様には、競技の面と啓発の面、双方向にご支援をいただけるとのことで、感謝とと
もに大変心強く、両者が力を合わせることにより様々な変革に取り組んでいけるものと確信しています。

●株式会社トーコン ホールディングス 代表取締役 原田直史のコメント
私たちトーコンは設立から 53 年「お客様の事業成功に伴走する」という企業姿勢を掲げ、採用支援・事業支
援を行って参りました。環境変化が当たり前の中、大企業のみならず、中小企業においても「多様性を活か
す」ことは避けては通れないと考えております。
この度、企業も求職者も可能性を諦めない社会を実現するために日本ブラインドサッカー協会のパートナーと
なりました。
日本ブラインドサッカー協会が掲げるビジョン「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現す
ること」に共感し、共生社会に向けて歩むパートナーとなることで、互いを取り巻く人々に影響を与え、その
輪が社会全体に広がっていくことに貢献したいと考えております。
この取り組みは、私たち自身も勇気を出して一歩を踏み出す、大きなチャレンジでもあります。

●NPO 法人日本ブラインドサッカーについて
日本ブライドサッカー協会は、「ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合
う社会を実現すること」をビジョンに掲げ、ブラインドサッカーおよびロービジョンフットサルの強化・普及
を推進するほか、ダイバーシティ啓発活動などの普及活動を行っています。
http://www.b-soccer.jp/

本記事のプレスリリースはこちらからご覧ください。