【TOKON 仕事図鑑/ 福田 雅敏】~中小企業の総合商社を目指して~

この記事のURLとタイトルをコピーする

こんにちは。ニュース編集部です。

トーコンの社員が「どんな想い」で「どんな行動」をし「どんな結果」が得られたのかをご紹介する、

【TOKON 仕事図鑑】

今回は福岡支社支社長の福田 雅敏さんの取り組みについて、お話しします。

 

福田 雅敏(ふくだ まさとし)
福岡支社 支社長
福岡で働くを応援するWEBマガジン「とことん、ふくおか。」運営中

本質は事業伴走
~中小企業の総合商社を目指して~

採用領域のみならず、集客や育成、評価制度などなどTOKONのサービスメニューはここ数か月でも増えてきました。
提案できる幅が広がり、手段も沢山持ってはいますが、それらはあくまでも手段だと思っています。
我々の仕事は手段を提案するのではなく、お客様の事業に伴走すること。

 

アフターコロナ、withコロナに向けてお客様が課題に思っていること、悩んでいること、
「課題の共通認識を今一度持とう」と思いA社様(教育事業)の代表アポをいただきました。

何をしたか?

やはりコロナ影響は大きく、
メイン事業の「塾」の集客はもちろん、今後の体制見直しなど悩みは多く、そして深い。
従業員1人1人のミッションや役割も以前と比べて変化していました。

共通認識課題は ①集客 ②評価

私からはその2点に絞って、今できることを提案させていただきました。
①Googleマイビジネス 30教室分のリッチ化
検索でちゃんと引っかかるか、競合との比較などを行い資料を作成。
「塾 福岡」と検索しても、Googleマイビジネスの情報が出てこない事実を発見。そこで、検索に引っかかるように30教室分の情報のリッチ化を提案いたしました。情報を充実させることで、検索性も向上。集客に繋がっていくはずだと考えたからです。

②評価制度
以前から社長が頭を抱えていた離職率の問題。しかも今は前途した通り、1人1人の役割も変わりつつありました。
中間管理職の意識変化も必要であり、そもそもの評価制度と今大切にしたいこととのギャップも浮き出ててきました。
そこで評価制度の営業担当にも同席をして頂き、どうすれば今にフィット感のある評価制度を構築、運用できるかをディスカッション。

その結果・・・

Googleマイビジネス、評価制度ともに前向きな返答をいただくことができた。

事業に伴走する。
難しいことだが、1社1社の課題を一緒になって解決するという強い思いがあれば、
TOKONには解決できるツールは沢山ある
あとは、それをどう使うか。そこにTOKONの営業としての醍醐味があると考えています。

とことん、ビジョンへ。

いかがでしたでしょうか。

トーコンは総合広告代理店として、お客様のあらゆる課題を解決。
サポートは採用だけにとどまりません。評価制度などに関するセミナーも毎月開催しております。
セミナー情報はこちら
採用や集客において、お困りごとがございましたらいつでもご相談ください。

お問い合わせお待ちしております。

≫トーコンのサービスはこちら

 

企業理念

仕事はワクワク楽しく。

 

ビジョン

世の中に無くてはならない代替えの利かない会社になる

 

TOKONクオリティ -お客様とのお約束-

《1》実効果に徹底的にこだわる
《2》お客様への誠実な姿勢
《3》創意・工夫
《4》コンプライアンス・CSRへの意識
《5》ミス・トラブルが無い

この人に相談したい、話を聞いてみたい

どんなお悩みでもお気軽にお声掛けください。
お問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いいたします。

関連するタグ
この記事のURLとタイトルをコピーする
株式会社トーコンのNEWSサイト編集部です。サービスや事例などを随時更新していきます。