【TOKON 仕事図鑑/豊吉一範】経営者インタビューを通じて魂込めた仕事を

この記事のURLとタイトルをコピーする

こんにちは。ニュース編集部です。

トーコン社員が「どんな想い」で「どんな行動」をし「どんな結果」が得られたのかをご紹介する、

【TOKON 仕事図鑑】

今回は名古屋支社長、豊吉 一範さんの取り組みについて、お話しします。

豊吉 一範(とよし かずのり)
名古屋支社長

職人集団から組織化へ。
やっぱり経営者インタビュー

先日、リクナビネクストと採用ページの制作を受注した、水道工事屋様。
原稿制作のためのインタビューを実施しました。
そこで今こそ経営者と会う意味や我々が介在する価値を感じましたので共有します。

何をしたか?

まず、こちらの会社にはHPがない
どうやって仕事を受注しているのか?
そんな疑問も感じながら、その部分から再度インタビュー。
如何せん、本当に外に発信されている情報がないので、
全くのゼロからのインタビューでした。

 

 

<おおよそのインタビューの流れ>

・いつからこの仕事をやりはじめたのか?きっかけは何か?
・なぜ独立しようと思ったのか?
・社名の由来は何か?どんな意味や想いを込めているのか?
・創業当初から大切にしてきた仕事への姿勢は?
・これだけは他社に負けない!と言えるものは?(本体サービス価値?付帯サービス価値?価格?スピード?機動力?)
・なぜ従業員を雇うようになったのか?
・なぜこのタイミングでお金をかけてまで採用しようと思ったのか?
・(50代前後の社長の場合)ここから先10年、どうしていきたいのか?何をテーマに経営していくのか?
・その上で課題となることは何か?まず何に着手していくのか?

 

 

学生時代の頃からの話を聞くケースが私は多いです。
そして、イメージしまくります
学ラン着てて周りはこんな景色で、こんな状況だったよなぁ~と。
人生の起点となる時には絶対に要所要所でその情景に自分がいることをイメージ。
きっとこうだろうな、とか、そんなことをイメージしながら
そしてそれを社長にも返しながら、イメージを増幅させていく感じす。

そして未来の話になったときには、
自分だったら今までの背景を踏まえてどうしていきたいのか、
遠慮せずどんどん社長にもアウトプットしながら、
核心に迫るような質問をしていきます。

今回とても身震いしたのがこの言葉。

「今の仕事量であれば今の人数でちょうど良いんだわ。
自分たちのキャパでやれるぐらい、身の丈ってのでやってきたし。

ただ、役所への申請業務、道路から住宅への水道管の引き込み(穴掘りです)、
住宅の外側にある配管工事と設置、住宅の中の水回りの配管引き込み、設備設置、
ここまで一貫して出来るところはそうないからさ。
実際に今一人親方でそこまでやれない人たちから頼まれる仕事が多い。
月に25ヶ所も穴掘って、その分数枚の申請書類や図面を役所に提出しとるんだけど、
これ以上増えると断らなくてはいけないのが今。

でさぁ、創業以来から仕事を断るというのは俺のポリシーに反するんだわ。
だから人がいるんだよね。

そんでもってもうひとつ。気付いたら俺ももう49歳やし。
やれて後10年だと思ってる。
10代後半~20代前半で入ってきたやつも家買ったり子ども産まれたり、
良い歳になってきたから、家族を食わしてく為にも給与を上げていってやりたいんだわ。

だから俺はこの5年で会社を組織化していき、残りの5年で会社をどうしていくのか道をつくる。
その為に今回はそろそろ人づて頼みで「いつから来れる?」しか聞かない、いい加減な採用活動やってちゃあかんなぁと」

ここまで聞き、こう思いました。
めっちゃ大事な採用じゃん!
何とかこの会社の未来を自分が何とかしたい、
この人の役に立ちたい、と強く思いました。
仕事に取り組む覚悟もこういったインタビューでより強くなります。

その結果・・・

ひとしきり話が終わり、組織化へ向けた議論をしていると、

「会社のロゴマークもねーしさ、そーゆーのもいるじゃんね?
しかし、いい加減過ぎやね、うち笑
どこに頼めばいいんかな?知ってる?」

という社長の言葉があったので、

「社長、それぼくやれますよ。というか、やりますよ。じゃなくて、やらせて下さい。」

と咄嗟に言葉が出てました。
続けて、金額なんですが・・・
と言いかけて社長は

「もう豊吉さんにお願いするわ。良かったー、頼める人と出会えて。」

というわけで、ロゴマークの制作も進行していくことになりました。
以前に他のメンバーがロゴマークの仕事をしていた時に
「俺もそんな先々に残る仕事したい!」という想いを持っていたので、
今回咄嗟に言葉が出ていました。

 

今、経営者は世の中の激しい変化の中で次の未来へ向けて
色々と葛藤しながら進み出していると思います。
そんなとき、誰に何を相談して良いのか
一つのサービスにも類似サービスも増えすぎて、
もはや分からなくなっていると思います。
だからそこに、我々がいる。

 

今でも脳裏に焼き付いていますが、自分がまだリーダーのとき、
とある田んぼの真ん中にある愛知県のはずれにあるメーカーの社長に言われた、
「さ、さんびゃくまんの求人か・・・と、とよしさん、軽自動車2台変えるで・・・頼んだ!」

魂込めて仕事しなきゃ、と思いますし、
そんなおもろい仕事がまだまだあると思ってます。
経営者に会えば、仕事になります。

とことん、ビジョンへ。

いかがでしたでしょうか。

トーコンは総合広告代理店として、お客様のあらゆる課題を解決。
採用や集客において、お困りごとがございましたらいつでもご相談ください。
≫トーコンのサービスはこちら

 

企業理念

仕事はワクワク楽しく。

 

ビジョン

世の中に無くてはならない代替えの利かない会社になる

 

TOKONクオリティ -お客様とのお約束-

《1》実効果に徹底的にこだわる
《2》お客様への誠実な姿勢
《3》創意・工夫
《4》コンプライアンス・CSRへの意識
《5》ミス・トラブルが無い

この人に相談したい、話を聞いてみたい

どんなお悩みでもお気軽にお声掛けください。
お問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いいたします。

関連するタグ
この記事のURLとタイトルをコピーする
株式会社トーコンのNEWSサイト編集部です。サービスや事例などを随時更新していきます。