【販売業採用事例】人材紹介だからできる先入観の払拭

この記事のURLとタイトルをコピーする

多店舗展開を行う販売業の人材紹介活用事例

今回ご紹介するのは、全国各地に店舗を持つ販売業の企業様。

販売・サービス業がコロナ禍で低迷といわれる中でも同社は業績を伸ばしており、兼ねてから力を入れていた新規出店も緩めることなく遂行中。
事業拡大に伴い、積極的な人材採用を行っています。

「人材の質」と「志望順位」。抱える2つ採用課題。

頭を抱える男

新規出店を進めるにあたり採用したいのは、副店長・店長候補として早期に店舗のマネジメントを任せることができる人材。
教育体制はあるので特別高いスキルや経験を求めるわけではありませんが、1教えた時に10を理解できるような地頭の良さ、商売における勘所の良さを持っている方を求めていました。

そんな中で同社が抱えていた採用上の課題は2つ。

 

①「地頭の良い」人材になかなか巡り合えない
②  良い人材に巡り合えても、併願先企業に負けてしまい採用に繋がらない

 

早期に活躍いただける方を求め、同社では「営業、販売、接客など、顧客折衝の経験」を最低限の条件として設定していましたが、条件を満たしても採用に繋がるかどうかは別問題。
「地頭の良さ」を見出せず、書類選考や一次面接でのお見送りとなる候補者が相次いでいました。

また、時にはイメージに合致した方が選考に進むこともありましたが、営業等の求人とバッティングすることが多く、他企業での内定が出てしまうと選考辞退となってしまうことも多々ありました。

「選考結果の収集」→「クラウドへのデータ蓄積」で選考基準を築き上げる

①の課題に対して、まず弊社が取り組んだのは、「地頭の良さ」という曖昧な選考基準を明確にすること。

具体的には、できるだけ数多くの求職者を企業様に推薦しOK/NGのジャッジを確認。
その線引きがどこでされているのか、情報を集めました。

推薦数を増やすのに役立ったのが、弊社が活用している転職エージェント向けの求人データベース“Crowd Agent”
全国3300名の転職エージェントと求人案件を共有できるCrowd Agentをもとに、接客経験を持つ人材を幅広く募り、企業様に推薦しました。

その結果見えてきた企業様の選考基準。
企業様が評価ポイントとしていたのは、経歴書において、売上を生み出すためにどのようなことに取り組んだかなど、結果と行動が具体的な数字をもって書類内に落とし込めているかどうか。

職務経歴書の内容から売上観点を持った人物を「地頭の良い人」と評価していました。

このように企業様から集めた選考情報はCrowd Agent上に公開。
Crowd Agentにおいて利用エージェントは、求人情報だけではなく、求人に対してこれまであった問い合わせとその回答や、選考NGになった事例などもクラウドシステム上から閲覧することができ、自分が求職者を推薦する際の参考にすることができます。

つまり、Crowd Agentを通じて推薦を重ねるごとに選考データが蓄積され、採用のPDCAが回り、推薦の質が高まっていくのです。

今回の事例ではこのようなCrowd Agentの強みが上手く活かされ、データが蓄積されるごとに、現職における行動・結果の詳細が記載された質の高い推薦書類が集まるようになっていきました。

【Crowd Agentとは】
株式会社groovesが運営する日本最大級の人材紹介プラットフォームです。
≫詳しくはこちら

書類選考の段階から、採用までのストーリーを人事担当者と連携して創り出す

良い人材が集まり、選考通過者が増えてくると、ぶつかるのが②の問題。
②に対しては、弊社エージェントと人事担当者が情報を共有しながら、内定まで導いていくストーリーを一緒に創り上げていくことで問題を解消していきました。

推薦を重ねるうちに弊社エージェントの目利き力も向上。
企業様の選考基準への理解が高まり、書類を見ただけで内定が出るかどうか検討がつくようになりました。

そこで、有力な候補者に対しては人事担当者に事前に共有した上で、面接において「口説き」のアクションを取ってもらうように要望。
人事担当者による一次面接を「見極めの場」ではなく「口説きの場」として活用いただく形に変更しました。

具体的には、候補者と会い、採用したいと判断したら、その場で転職活動の状況、具体的な併願先、転職で実現したいことなどをヒアリング。
候補者の転職軸を踏まえ、同社に転職することで得られるメリットを提示しました。

特に同社の選考を受ける方で多いのは、将来のキャリアプランが不明瞭な販売・サービス業から、営業職への転職を検討する方。

「販売業ではキャリアが築けない」

世の中全体として販売業に対してはそんな印象も強く、何より業界を経験してきた本人たちがそれを強く自覚している状況。
そんな背景もあり同社を受ける方の多くは、他業種・他職種への転職を第一志望としており、同社に関しては本命が駄目だった時のすべり止めとして応募する傾向がありました。

そんな方々に対して人事担当者が伝えたのは、幅広いキャリアを叶えることができる同社のキャリア制度

副店長・店長を経験した後は、SV・店舗開発・本部スタッフなど、個人の希望や適性に応じて、新たなキャリアを築くことが可能。
また、新店オープンも次々と行っているため、新規店舗における責任者を任せる可能性もあり、そのような話を候補者への期待も込めてお伝え。

「キャリアを築くなら営業職」という何となくのイメージを抱いていた候補者も、具体的なキャリア制度の話を聞くことで同社で長く働くイメージを持つことができ、面接が終わるころには同社への志望度を高めている状態でした。

店長経験者含む、4名のサービス業経験者を採用。

上記のような取り組みの結果、これまでに飲食店店長、コンビニ店長などの経験者を始め、4名のサービス業経験者の採用に成功
コンスタントな採用を実現する「勝ちパターン」を築くことが出来ました。

人材紹介だからこそできる「先入観の払拭」

キャリアアップのイメージが持たれづらい販売・サービス業。
また、コロナ禍の影響で業界全体では大きな打撃を受けてる企業も多く、求職者から見ると転職先としては厳しいイメージを持たれがちです。

同社においても拡大に向けて常に募集活動は行っていますが、上記のような先入観もあり、採用においては苦戦をしている状況でした。
そんな中、弊社の人材紹介サービスを通じて採用が実現できたのは、エージェントが間に入ることで、求職者が持つ負の先入観を取り除くことが出来たからこそ。

エージェントが企業情報を求職者に正しく丁寧に伝えるからこそ、企業の魅力がフラットに伝わる
それが弊社人材紹介サービスの大きな利点です。

問い合わせ方法

人材紹介サービスのご相談を始め、採用に関するお困りなど、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
株式会社トーコンのNEWSサイト編集部です。サービスや事例などを随時更新していきます。