【インタビュー】「らしさを出せずに終わるのはもったいない」”100%人柄重視採用”を行う人事担当者の想い

この記事のURLとタイトルをコピーする

エール ~企業から若者への応援メッセージ~

株式会社トーコンの人材紹介部門(サービス名:トーコンエージェント)では「エール~企業から若者への応援メッセージ~」と題し、若者採用に積極的な企業の採用担当者にインタビューを実施。

「なぜ若者を採用するのか」「若者に期待すること」「若者に伝えたいこと」など、企業の本音をお伺いし、その想いを現在転職を考えている方々に向けて発信してまいります。

第一弾はトーコンとも長くお付き合いを頂いている「三和アルミ工業株式会社」様へのインタビューをお届け。この記事が現在転職を検討している方にとって、今後のキャリアを前向きに考えるきっかけになれば幸いです。

【三和アルミ工業株式会社について】

三和アルミ工業株式会社は、設立37年を迎える地域に根差した中小企業。マンション・アパートといった建物のサッシ・玄関ドア・手すりなど、アルミ製建材のリニューアル工事が主な事業で、建物の快適性や利便性、資産価値を高めることに付与している。

トーコンでは同社の人材採用に長らく携わっているが、企業の魅力を一言で表すなら「人」。社長も含め冗談を言い合い笑い合う距離の近さ、協力会社を社内イベントにお誘いするような親密さ、社内外問わず関わる人全員に思いやりを持つ、魅力的な社風がある。

その「魅力的な社風」は会社としての事業優位性にも繋がっている。同社は50名程の規模の会社だが、大手競合が受けられないような難易度の高い案件を請け負うことも少なくない。その理由は、高度な技術を持つ協力会社との信頼関係。良好な関係性から「他ならぬ三和さんの頼みなら…」と、無理な相談でも快く引き受けてくれる協力会社が多く、中小ならではの小回りの良さを強みに、業界内で絶大な信頼を得ている。

そんな「人」が強みの三和アルミ工業株式会社。トーコンからもこれまでに多くの方をご紹介し、採用頂いた。そのほとんどが業界・職種経験もない20代の若手人材。能力・スキルに捉われない採用を行う同社だが、採用において何を重視しているのか、また、未経験の若手人材に何を期待しているのか?人事担当の小関様にインタビューを行った。

(インタビュアー:トーコン エージェント・渡辺 雄也)

会社に人が一人入ることの影響力

渡辺

御社にはこれまでにもトーコンからご紹介した、たくさんの求職者様を採用頂きました。本当にまっさらの未経験の方ばかりご紹介しておりますが、御社には懐広く受け入れてくださっているように思います。改めて、その懐の深さの秘密を聞いてみたいなと思うのですが…。

 

小関様

そんな、全然懐が広いとかではないですよ(笑)。でも、渡辺さんが紹介してくださる方は、多少不器用でも非常に素直で最終的には「頑張りたい」という意思を強く持ってくれる方が多く、私としてもその意思に応えたいという気持ちは強いです。

 

渡辺

御社の場合、会社全体の規模は50名程と決して大人数ではないと思います。正直御社くらいの規模感の企業様だと、現場が常に忙しくて教育まで手が回らないため「経験者を採用したい」というオーダーを頂くことも多いです。そんな中でも御社は未経験者の育成も含めて、前向きにとらえながら採用頂いていますね。

 

小関様

本音を言うと現場からは「経験者が欲しい」という声も上がります。でもたぶんうちの場合、経験ある人が自走できる状態で入ってくるよりも、未経験の人を自走できるまでサポートしてあげる方が会社として上手く行くんですよね。

うちのような規模の会社だと、人を1人雇ったときに会社全体に生じる影響ってとても大きいんです。それは決して業務が回る回らないとかの話ではなく、会社の雰囲気、組織風土における影響ですね。

たしかに経験ある人を雇えば仕事がもっと捗って会社の利益にも繋がるのかもしれない。でも、うちの仕事は個々ではなくチームワークが重要だから。下手に分かっている人よりも、新人の子が1人入ると空気が良くなるんですよ。

 

渡辺

未経験から育てるのは大変ではないですか?

 

小関様

もちろん大変な側面もあります。でも、良い影響の方が大きい。

たとえば、新人の子は右も左もわからないので、「え?そんなことも聞くの?」という質問まで聞いてくれるんです。私はそれがとても重要なことだと思っています。現場の人間は経験を重ねるにつれて、業界とか会社の「当たり前」を受け入れて疑問を持たなくなってしまいます。仕事に慣れるという意味ではいいことなんだけど、ある種、それは世間一般の考えとはずれてしまう危険がありますよね。

でも新人から不意にそんな質問が飛んでくると、自分たちの「当たり前」が決して世の中の当たり前ではないことや、自分たちも何も知らないところから一つ一つ学んで成長してきたことを思い出して、原点に立ち戻ることができます。私たちは新人に対して仕事を教える立場だけど、同時に新人から教わることもたくさんあるんです。

 

渡辺

良い意味で緊張感が生まれますよね。

 

小関様

あと、新人は職人さんにかわいがられやすいので、現場に活気が出ますよね。

職人さんたちは、自分の技術で何十年と働き続けていることにみんな誇りを持っています。そんな方々なので、自分の技術のことを教えることが出来るのが嬉しいし、熱心にメモを取ってくれたり「ありがとうございます」と言ってくれたり、そういったコミュニケーションをとても喜んでくださります。

 

渡辺

「何もできない」からといって、決してマイナスではないですね。

 

小関様

「何もできない」ところから一つ一つ学んで成長するからこそ、次の新人が入ってきたときに一から教えられるというのもありますね。この「学ぶ」と「教える」の循環が、うちらしさでもあると思うし、経験者ではなく、未経験者を採用することの良さだと思います。

自分らしさを出してほしい

渡辺

未経験歓迎といっても、誰でもいいというわけではないと思います。御社では採用の基準をどのように設けていますか?

 

小関様

基準という程、明確な判定基準があるわけではないので参考になるかわかりませんが、面接では用意した言葉ではなくてちゃんと自分の言葉で話しているかどうかや、その言葉を話しているときの表情、目を見ていますね。受け答えが上手ではなくても、一生懸命伝えようという姿勢があれば想いを汲んであげたいなと思います。

 

渡辺

御社の面接には私自身何回も同席をさせて頂いていますが、非常に和やかな雰囲気で面接というより雑談みたいな感じですね。あんなに雰囲気の良い企業面接、なかなかないですよ(笑)

 

小関様

せっかく来てくれたのに、その人らしさを出せずに終わっちゃうのはもったいないじゃないですか。少しでも興味を持ってくれたのだから、私たちとしてもその方の建前ではなくて本当の部分を知りたいし、会社のこともありのままにお伝えをするようにしています。

採用・不採用の前に、お互いをちゃんと知ることがスタートラインだと思っています。

 

渡辺

「お互いを知る面接」というスタイルは、いつから始まったんですか?

 

小関様

三和アルミ工業で人事をやり始めてからずっとですね。

これは私自身の話になってしまうけど、私も就活には苦労した思い出があって。私は専門学校卒業後に就職をしましたが、就活の思い出として今でも忘れないのが当時経験したグループ面接。

その企業の選考には「私服で参加してください」と言われたんだけど、私服と言われると逆に困ってしまって…。普段着というわけにもいかず、スーツを着るわけにもいかず、結局オフィスカジュアルみたいな普段着ないような服を一式揃えて参加しました。それで当日会場に行くとグループ面接の参加者がみんな同じような格好をしているんです。

面接が始まると、質問や回答も皆ほとんど一緒。客観的に見ると強烈に違和感があるんですけど、気付いたら自分も周りに流されて同じような回答をしていて…。自分が発した言葉なのにそこに自分の意見はない。周りを見ながら正解を探して必死に取り繕って…。そんな状況が怖くなってしまいました。

自分自身のことなんて何も話していないのに採用されるのも怖いし、自分のことを何もわかっていないのに採用する会社も怖い。

 

渡辺

たしかに、はじめての就活だと特に正解がわからなくてマニュアル通りの受け答えになりがちですよね。

 

小関様

今だったらそんな状況でも自分らしさを出せるかもしれないけど、就活のことも社会のこともわからなかった当時は周りからはみ出さないようにすることで精いっぱいだった。

そんな感じで、就活自体に前向きになれなくて苦労したんだけど、最終的に就職を決めた一社は面接の中で自分の趣味のこととか普段考えていることとか色々聞き出してくれて、本当の自分と向き合ってくれているように思いました。

三和アルミ工業に入って面接をやるようになってからも、応募者の方を見てたまにその時のことを思い出します。必死に取り繕いながらもなかなか自分を出せていない方を見ると「この子も自分と同じような苦労をしたのかな」って。

だからこそ、うちの面接ではなるべく緊張をほぐしてあげながら、自分らしさを出せるように雑談から始まって、ちゃんとお互いを知る機会になるように心がけています。その結果、合わないなら合わないで仕方ない。でも、少しでもうちで頑張りたいと思ってくれる意思を感じたら、その想いは最大限尊重したいですね。

編集後記

人事の小関様自身が就活生時代に器用に立ち回れなかったという原体験。その経験があるからこそ、自己表現が不器用でも、一人ひとりの本質にしっかり向き合う採用を大事にしている。そんな小関様の想いに応える方が採用に繋がり、社内外の関わる人からの期待を受けながら成長し、一人前に成長すると、自分が受けてきた想いを後輩へと繋いでいく。小関様を起点とした想いの循環が、同社のDNAとして受け継がれ、事業優位性ともいえる「人」の強みを創り出している。

就職活動では、自分の実績や経験に必ずしも自信がある人ばかりではないと思う。自信のなさから、自分を大きく見せようとしてしまう人もいるかもしれない。しかし、華々しい実績や、取り繕った人間性ではなく、三和アルミ工業様のように「自分らしさ」や「頑張りたい」という意思を尊重する会社も決して少なくない。その事実を知っていただいた上で、就活中の方には、等身大の自分と向き合いながら、「らしさ」を大事にした就職を実現させてほしい。

転職のこと、キャリアのこと、お気軽にご相談ください

トーコンでは、転職やキャリアに悩む方のご相談を承っております。今まさに転職活動中の方はもちろん、これから転職活動を始める方、転職しようかどうか悩んでいる方、将来的な転職を考えている方のご相談も歓迎です。

相談希望の方は下記のリンクからエントリー登録をお願いいたします。

エントリーはこちら!

※採用にお困りに企業様はこちらからお問合わせください。

お問い合わせはこちら

関連するタグ
この記事のURLとタイトルをコピーする
2015年、TOKONに中途入社。広告営業を経て、現在は斡旋グループに所属。求人広告の文章作成を通じて「書くこと」を仕事にしたいと思うようになり、斡旋のスカウトと求人票作成のポジションに手を挙げ、異動。TOKON入社前はバンドマンとしてギター演奏、作詞、作曲活動に熱中していました。よろしくお願いします。