【インディード】クリック課金の仕組みを解説!【有料掲載】

この記事のURLとタイトルをコピーする

みなさん、こんにちは。
インディード(運用)担当のミヤナカです。

今日はインディードのクリック課金の料金設定について簡単にご説明したいと思います。

いままで求人広告媒体の料金体系とは違うので、「クリック課金」の概念が少しわかりづらいですよね。リスティング広告(キーワード連動型広告)などWEB広告では一般的な仕組みですが、今日はそこをしっかりご説明したいと思います。

 

クリック課金とは

インターネット上で利用される広告の方式。PPC(Pay Per Click)広告とも呼ばれる。画像バナーやテキストによる広告をクリックして、リンクされたページにジャンプした時点で広告料金が発生する。つまり1クリックあたりの広告料が設定されているのがこの方式の特徴と言える。クリック保証型広告の一種ともいえ、ユーザーの誘導数が広告料に対応するため、費用対効果が明瞭。大手検索エンジンが提供しているキーワード連動型広告という形態が一般的。

余計に混乱させてしまったかもしれません・・・・

そもそもインディードとは

クリック課金の仕組みを理解するために、まずは「インディードとはどんなものか」理解しておく必要があります。

インディードは「求人メディア」ではなく「検索エンジン」です。
ここが今までの採用手法と大きく違うところになります。

求人版のGoogle(またはyahoo)とご理解ください。
つまりGoogleはありとあらゆる情報が検索結果に表示されますが、インディードは「求人情報のみ」が検索結果に表示されます。

価格ドットコム(家電価格比較サイト)、トリバゴ(宿泊費比較)を使ったことのある方は、イメージがつきやすいかもしれません。
ある特定のジャンルのみが検索結果に表示されて、比較検討が出来る仕組みになっています。

GoogleとIndeedの違い

Googleとインディードの違い

この求人情報にはハローワークもちろん、リクナビネクストやマイナビ転職、DODA、女の転職などの求人メディアの情報だけでなく、各企業がHPに掲載している採用情報も含まれます。
日々、インディードはネットの掲載されている求人情報を集めて、膨大な量を検索結果に追加しています。

求職者はインディードを利用することで、複数の求人サイトを行き来することなく、1回の検索であらゆる求人情報を比較検討しながら選ぶことが出来るのです。

そしてインディードは検索結果画面に広告枠を用意しています。(グーグルもほぼ同様です)

以下は私が適当に検索した結果です。


赤く囲んだ部分が有料枠(広告)です。
その中でも、黄色く囲んだ部分「スポンサー」と表示されているのが、無料枠と違うポイントです。

基本的に検索結果には1ページに15個(~16個)の求人情報のリンクが表示されますが、そのうち1~7個が有料枠になっています。有料枠はなぜ有料かというと、無料枠と比較して、押されやすい位置だったり、また優先的に表示がされるからです。

つまり有料枠は求職者の目に多くとまり(約5倍)、多くクリックされるのです。
クリックされるということは、求人原稿が閲覧され応募が集まる可能性が高まります。

 

【ここから本題】費用確定の仕組み

費用発生のタイミングはクリックされた瞬間です。(上記のキャプチャの赤枠が押されたタイミング)

インディードの有料広告の運用は、このワンクリック当たりの単価を決めることです。

掲載される回数や位置は

  • ①「検索されたキーワード」
  • ②「掲載している原稿内容」
  • ③「求職者の行動履歴」

を加味して、どこに、どのくらいの回数表示するか決まっています。
ほかにも要素がありそうですが、最終的な掲載ロジックは公開されていません。

大原則としてインディードはAIによって「求職者にとってマッチングした求人」を優先的に表示します。

また有料枠の表示回数は、上記のロジックに加えて④「上限単価」の要素も加わります。有料枠は入札制になっているので、競合の設定している単価との兼ね合いで決まります。基本的には「上限金額」を上げていくと、比例して表示回数が増えていきます。

そしてここからが少しややこしいのですが、インディードで設定できるのはワンクリックに対する「上限」単価です。

事例をベースにご説明したいと思います。(簡略化しています)

職種 求人広告の営業
勤務地 東京都中央区日本橋
上限単価 120円

例えば上記のような案件を掲載して、有料枠で運用していたとします。

上限単価なので、つまり結果的に発生する費用は1~120円の間になります。
広告の管理画面にも「平均」クリック単価(CPC)という指数が表示されます。

下記の画像で例えると、クリック単価(CPC)は93円です。

なぜこのよう表示になるかというと、実際はクリック毎に費用が変動しているからです。
上記の結果は何度かクリックされて発生した金額の平均を表示しています。

そしてなぜ発生する料金が低い時と高い時があるのかというと、前半でご説明した掲載ロジックが関わってきます。

上記の例で例えると、求職者が「求人広告営業」「中央区」で検索し、表示されてクリックされた場合はクリック単価は「50円」、逆に「営業」「東京」で検索し、表示されて、クリックされた場合は「120円」です。つまりより原稿にマッチしたキーワードで検索された場合は費用は低くなります。

※金額は説明しやすくするため、実際は異なります。

 

また上限単価を仮に「50円」で設定していた場合は、「求人広告営業」「中央区」で検索されたときにしか表示されないことになり、そこまで絞り込んで検索してくるユーザーは比較的少ないので、表示回数、クリック数も少ない結果になります。

逆に上限単価を高く設定すると、幅広いキーワードに反応して表示されるため、広告自体の表示回数は増えます。(≒クリック回数も増える)

つまり上限単価の設定は「どのくらいの関連ワードまで表示させるか」の調整ということになります。

 

また上限単価を低くするということは顕在層だけに表示させる、高くするということは、潜在層(顕在層含む)までアプローチするとも言い換えられます。

特に採用難職種というのは、もともとターゲットとなる求職者が少なく、志望する人数も限られているので、顕在層だけにPRしていてもなかなか応募は集まりません。結果的に上限単価をあげて、より広いターゲットに広告を露出していき、原稿でマッチングを図る必要があるため、上限単価の設定は高くなる傾向にあります。これは求人メディアの「枠の大きさ」の考えに近いものがあります。上限クリック単価の設定が高いほど、偶然の出会いが発生し、その中で応募してくれる求職者がいます。

 

もっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下のフォームからご質問ください。

インディードの開始には準備が必要となり、「明日から掲載!!」といった対応が出来かねます。

相談は無料でお伺いしておりますので、お早目にご連絡くださいませ。

「見積もりだけ欲しい。」「当社のような業界、業種でも効果があるのか?」「他の媒体で効果がないので、Indeedに挑戦したい」等、たくさんご相談頂いております。

絶対にTOKONにまかせてください!と言える3つの理由

採用のプロとして年間約10,000社のお手伝いをしています

リクルートトップパートナーとして、年間約10,000社の企業様の採用をお手伝いをさせていただいております。
そのノウハウは、WEBの広告領域でも変わらない確実なスキルとして蓄積されております。

WEB広告専任のチームが在籍

Indeedを中心としたWEB広告専門チームを組織して、日進月歩のWEB技術に対応しています。
確実な数字分析に基づいた「PDCA」を高速で回していく体制が整っております。

運用代行の手数料の安さ

当社では運用代行にかかる手数料を、運用額の10%と定めさせていただいております。
(2020年4月現在)

運用代行手数料の相場は20%~30%。
もっと手軽に初めて試していただきたいという思いから、社内のレギュレーションを徹底効率化し、10%の手数料での運用を実現しております。

おすすめ記事

【Indeed運用代行のご案内】広告代理店が運用する3つのメリット

【インディード】「表示回数」「応募率」「有効応募数」を同時に改善する方法

【どっちがいいの?】求人ボックス(求人BOX)とIndeed(インディード)との違いを徹底解説

2021年決定版【Indeed×Airワーク 採用管理】徹底活用方法! ※旧ジョブオプLite

【求人ボックス】採用ボード(直接投稿)でクリック数が約8倍になった件

Indeed×求人ボックス 比較資料

お問い合わせ方法

どんなお悩みでもお気軽にお声掛けください。
お問い合わせは、お電話または下記のメールフォームよりお願いいたします。
お電話
株式会社トーコンヒューマンリソース
ソリューション営業部
電話番号:03-5695-3735 (受付時間 9:00-18:00)

この記事のURLとタイトルをコピーする
一般社団法人ウェブ解析士協会 ウェブ解析士 Indeedのご提案・運用をメインに、採用戦略設計、採用ツール制作(WEBサイト、パンフレット、採用動画など)、採用広報、研修、アウトソーシングなど幅広くいろいろとお手伝いさせて頂いております。