【求人ボックス】採用ボード(直接投稿)でクリック数が約8倍になった件

この記事のURLとタイトルをコピーする

こんにちは。トーコンニュース編集部です。

Indeed(インディード)の対抗馬として今急成長中の求人ボックス。
求人ボックスに掲載されている情報はクローリング(サイト読み込み)と採用ボード(直接投稿)の2種類があります。

ではクローリングと採用ボード、どちらの方が効果が良いのか?効果の差はあるのか?気になりますよね?

今回は、求人ボックスでクリック数が約8倍になった事例をご紹介します。

行ったことは、クローリングから採用ボード(直接投稿)への切り替え
これだけです。

百聞は一見に如かず。実際のデータをご覧ください。

クローリング VS 採用ボード(直接投稿)

まず、こちらがクローリングのデータです。

 

次にこちらが採用ボード(直接投稿)のデータです

 

【クローリング】

期間:6月1日~6月25日(計25日間)

表示回数:23,369回
クリック数:201回
一日平均クリック数:8.04回
クリック単価:394円

【採用ボード】

期間:6月28日~6月30日(計3日間)

表示回数:22,835回
クリック数:199回
一日平均クリック数:66.3回
クリック単価:254円

一日の平均クリック数が 8.04回 → 66.3回 約8倍
クリック単価が 394円 → 254円 約35%ダウン!

この効果は驚きではないでしょうか?
私たちは驚きました(笑)
もちろん計測期間に差があるので単純比較はできないかもしれません。

それでも、
25日間のクローリング運用での表示回数23,369回、クリック数201回に
わずか3日間の採用ボード運用で並ぶ(表示回数22,835回、クリック数199回)のは、単純に凄い。

他にも募集内容とか変えたんじゃないの?と思うかもしれません。
が、変えたのはクローリングから採用ボードへの切り替えのみです。

クリック率を比較していただくと、クローリングでも直接投稿でも0.9%で変わらないことがわかると思います。
「中身」は変えていないので、求職者に見える部分は一緒。なのでクリック率も変化なし。
本当に、採用ボードへの変更のみで効果が劇的に改善したのです。

打ち手の一つとしての採用ボード

以上の事例からわかるように、採用ボードに変えるだけで効果が改善する可能性があります。

ただ、気を付けなくてはいけないのが、決してクローリングが悪で、採用ボードが善としているわけではありません。
クローリングをすることで自社の採用サイトへの流入が増え、募集要項以外の情報にも触れることで応募率や面接の通過率が高めることができます。
あくまでも改善事例ですので、打ち手の一つとしてお考え下さい。

逆に採用ボードで効果が出なかったのに、クローリングに切り替えたら効果が上がった、ということも起こると思います。

クリック数や表示回数が少ないと、改善するために職種名や原稿内容、募集条件の見直しに躍起になりがちです。
それよりも、単純に掲載形式を変えるだけで劇的に効果が変わるかもしれません

新たな打ち手の一つとして、手札に加えてみてください。

おすすめ記事

【Indeed運用代行のご案内】広告代理店が運用する3つのメリット

【インディード】「表示回数」「応募率」「有効応募数」を同時に改善する方法

【インディード】クリック課金の仕組みを解説!【有料掲載】

2021年決定版【Indeed×Airワーク 採用管理】徹底活用方法! ※旧ジョブオプLite

【どっちがいいの?】求人ボックス(求人BOX)とIndeed(インディード)との違いを徹底解説

Indeed×求人ボックス 比較資料

お問い合わせ方法

どんなお悩みでもお気軽にお声掛けください。
お問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いいたします。

関連するタグ
この記事のURLとタイトルをコピーする
株式会社トーコンのNEWSサイト編集部です。サービスや事例などを随時更新していきます。