TOKON Picture Book PAGE.4

何が正解かなんて、わからない。
2つの職種を両方経験したからこそ、感じられるやりがいもあるってわかった。
ジョブチェンジは僕にとって、正解だったと思う。

shinmura01
S・Sクライアントサクセス/アウトソーシング担当
2015年中途入社
採用のアウトソーシングを担当する部署にて、主に新卒採用のアウトソーシングを担当。
実は大の動物好き。猫カフェに初挑戦してくれる仲間を募集中!
面接のときに、真剣に仕事をする社員の皆さんを見て「トーコンで働きたい!」って思いました。
2015年の中途入社です。
前職は新卒で入社した投資用不動産の会社で、営業をしていました。
大学時代、就活はぶっちゃけあまり真剣にやっていなくて…怒られちゃいますかね。
先輩から『不動産良いよ』と薦められて、そのまんま素直に不動産業界を見て、そして決めました。
前職は2年程続けたのですが、転職を決意したきっかけは「自分の市場価値を上げたい」って気持ちです。
姉が転職した時にキャリアアドバイザーに相談したという話を聞いていたので、漠然と人材業界も面白そうだなと思っていて。あと、BtoBの営業に挑戦してみたい、という思いもありました。
そして、職場環境。ここは主観によるところも大きいので上手く言えないのですが…、もっと仕事に打ち込める環境に行きたかった。
だから面接でトーコンのオフィスに来た時、フロアにいた皆さんが挨拶をしてくれて、その後、スっと真剣に仕事に戻った姿を見たときは、「ここだ!」って思ったのを覚えています。
入社してから、3回異動しました。提案されたなら、受けてみようかな?と挑戦できる。
僕、そういうタイプなんです。
最初は、主に中途採用の提案を行う部署に配属となりました。
BtoBの営業はもちろん未経験だったので、確かに不安はありましたが、一緒に働く上司や先輩たちへのギャップがほとんどなかったので、その点は良かったと思います。
半年で、中途採用から新卒採用をご提案する部署に異動になったのですが、ここに関しても、特に不安や抵抗はなくって(笑)僕、あまり自分から新しいことを創り出していくタイプではないんですよね。
でも、提示された新しいことに飛び込む!みたいなのは好きなんですよ。
まだ半年だったので、目に見える成果を上げられていなかったのは悔しかったですが、会社が僕を見てくれて、可能性を感じてくれた上での異動なら、受けとめて頑張ってみようって。そういう風に考えるんですよね。
新卒採用の営業を約3年半経験して、今度は営業職からスタッフ職(現クライアントサクセス)にジョブチェンジしました。
これも会社からの打診がスタートだったのですが、前回と同じく「じゃあ頑張ってみようかな」と挑戦しました。
だって、やってみないとわからないじゃないですか。
ジョブチェンジしたからこそ、味わえる「やりがい」の違い。これが面白い。
クライアントサクセスにジョブチェンジしてから、営業時代に感じていたのとは違う「やりがい」を実感出来ているかな、と思っています。
僕は、営業のときはお客様に信頼していただいて、お取引いただけることが嬉しかったし、それがそのまま一番のやりがいでした。
今はクライアントサクセスという役割で、担当するお客様にはもちろん営業担当がいます。
そんな中でも、「君に言った方が具体的に相談できる」など、僕に直接ご連絡をいただける時は、お客様から必要とされている・信頼をいただけているって実感出来て。お客様からの頼られ方が違うっていう感じですかね?
どっちもやりがいを感じられるので、どっちが良いとかはないですが(笑)
両方体感出来ているのは、ありがたいです。
ジョブチェンジしなかったら味わえなかったですよね。

僕がメインに担当しているアウトソーシングでは、お客様の採用活動の実務を請け負っています。
なので、選考プロセスとか、応募者様への案内内容とか、一緒に考えて、手を動かして、というシーンが多いんです。
お客様のチームの一員という感覚ですかね。
だからこそ、トーコンのアウトソースを利用いただくことで、よりお客様のイメージが良くなるように、学生にとってわかりやすく丁寧な対応が出来るように心掛けています。
shinmura02
営業時代、一度だけ、嬉しくて泣いたことがあるんです。職種が変わっても、伴走出来ることは本当に嬉しい。
実は今担当させていただいているお客様の中で、営業時代に新規でお取引をいただいた会社さんがあるんです。
営業時代も担当していたのですが、アウトソーシングもご契約いただいていたので、異動後はアウトソース担当をさせていただいています。
実は、異動しても担当したい!と思っていたので、準備を進めていたんです。
その熱意を汲んでいただけたのか、異動後も担当をさせていただけることになったお客様で…。
そのお客様に営業時代「感謝状」をいただいたことがあって…。
その時はすごく嬉しかったです。
僕、普段めったに泣いたりしないんですが、その時は自然と涙が出てきました。
当時、新卒採用が初めてのお客様で。
厳しいお言葉をいただいた時もあったのですが、毎週お打ち合わせに伺って、自分なりに真剣に向き合ってきた。
質問されたことに、必ず回答するとか、連絡を怠らないとか、本当に基本的なことですが。
結果、無事その年の新卒採用が成功して…。
僕自身、営業としては売上=成果という考えを持っていたのですが、売り上げだけじゃないんだ、というのを実感できた気がして。広告営業ってただメディアを売る仕事じゃないっていうか。
この経験があったからこそ、今クライアントサクセスとして感じる、お客様からの信頼感という「やりがい」がより深いものになっているような気がします。

今後のキャリア

ジョブチェンジをしたことは自分の中で大きなキャリアの一つ。
だから、今は自分のキャパシティを増やしたり、業務の効率を上げて、担当するお客様の数も増やしていきたい。
新卒採用も年々新しいサービスやシステムがリリースされるので、自分の知識や出来ることを、もっともっと増やしていかないと。
その上で、営業さんを介さないでも、クライアントサクセスとしてお客様に提案をしていく…ということが出来るようになりたいなと思っています。営業経験を活かして、ですね(笑)

インタビュー 一覧

sNav01
sNav02
社内制度・福利厚生 WELFARE
sNav03
募集要項 RECRUIT