【資料ダウンロードあり】若手・新卒採用とデジタルトランスフォーメーション(DX)/採用担当が取り組むべき4つのポイント

この記事のURLとタイトルをコピーする

私たちを取り巻く採用環境。

新型コロナウィルス感染拡大により、採用環境は大きく変化をしております。
求人倍率はリーマンショックの2008年~2009年を下回りはじめ、
これまでの超売り手市場と言われていた環境から、「就職氷河期」に逆戻り。

「新卒採用活動」も大きく変化しております。

2021年新卒採用は、これまで当たり前に実施されていた大手メディア主催の大規模展示会イベント(合同企業説明会)の中止が発表されたり、
小規模×セグメント型マッチングイベントが「オンライン化」。
これまでの一般的な手法が通用しなくなってきております。

「新卒採用」ではなく「若手・未経験者採用」という観点。

過去、若手・学生が就転職活動を実施するにあたり、情報収集しエントリーに至るまでのツールは、
「リクナビ」や「リクナビNEXT」をはじめとする求人媒体が中心でした。
しかし現在は、SNSの普及が加速すると共に、社員と求職者の「コミュニケーション」が容易になり、他者(社)の「口コミ」情報を良い面・悪い面含め確認することが可能になりました。
また、オンライン上で「手軽に」「ながら」視聴ができるようになり、企業/面接者ともに伝えたい情報が本当に伝わっているのか?と、不安になることも多々ある、という声も聞いております。
では、私たちは今後の採用活動をどのように進めていく必要があるのでしょうか?

RX(リクルーティング トランスフォーメーション)

今後、オンライン化が進むにつれ全てをオンライン化する、というお考えをお持ちの企業様もいらっしゃることと思います。
ですが、採用活動、特に若手・新卒採用は企業の次世代を担う非常に大切なもの。「全てがオンラインなのは不安」という意見が多い、という調査結果もあります。

私たちは「オンライン」「オフライン」を正しく使い分け、各企業の「想い」を求職者・学生にどのように伝えていくかが重要であると考えています。
それを私たちは「RX(リクルーティング トランスフォーメーション)」と呼んでおります。

RX実現に向け、「今、採用担当者様が取り組むべき4つのポイント」とは。

①カスタマージャーニーマップの作成
②採用オウンドメディアの作成
③ファシリテーション
④採用ピッチ資料

上記4つを実行に移すことで「自社らしさ」を明確にし、採用活動をより良いものに導くことができます。
実際にどのように実行に落とし込んでいくのか?をより具体的に資料にまとめさせて頂きました。
ご興味がある方はぜひ一度資料をご一読くださいませ。

今回資料を作成した当社営業のご紹介。

【喜多村のプロフィール】

2007年4月株式会社東京コンサルト(現:株式会社トーコン)に入社。
以後、一貫して顧客の新卒採用活動を軸とした提案活動を行っている。
昨今では採用活動のオンライン化に伴い各種WEBコンテンツ(WEB・動画)などのプロデュースから
ブランディングまで、クリエイティブに関わる幅広いコンサルティングにも携わっている。

資料ダウンロード方法

下記フォームへご入力の上、ご送信下さい。
平日ですと24時間以内に資料をご送付させていただきます。

※同業他社様からのダウンロードはご遠慮いただいております。
 同業他社様と判断をさせて頂いた場合には資料のご送付が出来かねますのでご容赦くださいませ。

この記事のURLとタイトルをコピーする
株式会社トーコンのNEWSサイト編集部です。サービスや事例などを随時更新していきます。